名探偵ピカチュウを見てきた

今日レジェンダリーによるポケモンの初実写化作品である「名探偵ピカチュウ」を見てきました。予告の時点で個人的には期待大だったんですけどネットや友人の反応は「怖い」「気持ち悪い」っていうのが結構目に付いてパッと見あんまり評価されてないイメージが強かった。最初は期待してた自分も少し不安なところはあったことは事実。

 

 

 

 

そんな不安、映画が始まってすぐ吹っ飛びました。

 

もうね、すごい。

あのライムシティに主人公がたどり着いた瞬間圧倒された。目の前でポケモンと人間がリアルに共存してるんだもん。

いやほんと技術の進歩って素晴らしい。人間の横にポケモンがいるのに全然違和感がないのほんとすごかった。

あと映像が綺麗。とにかく綺麗。

例のドダイドスのシーンとかね。あそこに1番予算使ってそう。

 

最初は吹き替え見るのを少し躊躇してたところがあったけど個人的には吹き替えでよかった。ポケモンの声がアニメとかで聞きなれた声で見ててストレスとか違和感を全く感じなかった。でもやっぱり西島さんがボルテッカーする時に「ピカピカピカ!」って叫んだ時は少し笑いそうになった。

 

正直褒めたらキリがないし他の人と被ってしまうから少しだけ不満点を。

 

 

主人公のティムくんを演じた竹内涼真さん、悪い意味で目立ってしまってたのがとても残念だった。

いや確かに棒読みじゃないし感情はこもってたから全然ストレスとかはなかった。

 

 

ただ…あれはただの竹内涼真だった。

ティムくんが喋ってるのに頭の中で竹内涼真がちらつく。

そこがちょっと気になってしまった。

 

ピカチュウ役の西島さんはオチから逆算すると正解だと思った。

最初は少し気になってたけど物語が進んでるうちに慣れた。

西島ピカチュウ…すこだ…w

 

 

まあこんな感じです。今作では一番好きなポケモンであるゲッコウガがめちゃくちゃ画面に写って戦闘シーンもあったので大満足。あとミュウツーが物語を握ってるのも驚いたしおかげで夏のリメイクが楽しみになってきた。

 

バリヤードのシーン好き

 

 

おしり。